■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2019年11月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■OTHER■
■ADMIN ONLY■

   
活動報告・2018年10月
11月2日(金)


先日10/27(土)のレギュラーシーズン最終節で
2018年の全試合日程を終え、
本年も残すところあと2ヶ月となりました。


本日のブログでは試合前後でご紹介できなかった
名古屋サイクロンズの10月の活動をご報告致します。


本文は《続き》にて




続きを読む ≫
ーーーーーーーー


▽10/20(土)
でらスポ名古屋・秋のスポーツまつり



名古屋で活動する社会人スポーツチームを中心に
それぞれのスポーツの魅力を伝え、チームの紹介をする
〝秋のスポーツまつり〟に参加させていただきました。



今回サイクロンズから参加したのは3選手!


DL工藤選手、WR松原選手、OL扇田選手




昨年は栄オアシス21でアメフト体験ブースを設置しましたが……

(昨年の様子)








今年は女子サッカーチーム・ラブリッジ名古屋さんと共に
テレビ塔前の特設ステージでご紹介いただきました!






〝名古屋なんて、だいすき〟というテーマで開催された今年は
「住んで分かる・通って分かる名古屋の良い所」を
各選手にインタビュー!








ひつまぶし!!

味噌カツ!!

食べ物美味しい!!



見た目通りの食いしん坊っぷりに
インタビュアーの方も大笑い!




その後の アメフトの紹介時間では
ステージ上でキャッチボールをしました!





(なかなかシュールな絵面ですが……)


アメフト選手を初めて見る方々が
ほとんどだと思いますので
当たりものはせず今回はおしとやかに…



お集まりいただいた皆様、有り難う御座いました!


興味はあってもルールが分からなくて……
という方も大丈夫!
会場や選手の雰囲気を感じるだけでも十分楽しめます!

本来のアメフトの姿は、
もっと激しく!もっと熱い!
気持ちのぶつかるスポーツです!

試合会場でお待ちしております!




ーーーーーーーー

▽10/28(日)
東近江・布引グリーンスタジアムにて設営



今年2回目の設営は、偶然にも前回と同会場!

≫前回の記事は こちら



いそのスーパースターズ
    vs
 西宮ブルーインズ








爽やかな秋晴れの設営となりました。



サイクロンズはあと1回設営を任されていますので
Xリーグの選手スタッフとして
見本となるよう残りの設営にも臨みたいと思います。



≪ 続きを隠す
| From Manager | 11:59 PM | comments (0) | trackback (0)

  この記事をTwitterでつぶやく

   
2018シーズン終了のお知らせ
11月1日(木)


BULLS戦をもちまして
2018レギュラーシーズンの全日程を終えました。






2018レギュラーシーズン戦績、6戦2勝4敗。


決して満足できる成績ではありませんし
我々もここで満足してはならないと強く思っています。



Xリーグに昇格した2010年。

Xレギュラーシーズンで初勝利した2011年。

初めてアズワンに勝利した昨年。

レギュラーシーズン初戦を初めて勝利した今年。



大きな大きな一歩は無くても
少しずつ着実に前に進んでいます。

前年度にできなかったことの修正を重ね、
翌年度に生かす、その繰り返しをもとに
名古屋サイクロンズは戦って参りました。


長く名古屋サイクロンズに
ご声援いただいている皆様の中には
毎年もどかしい気持ちを抱かれている方も
いらっしゃるかもしれません。


チーム関係者一同、ご声援にお応えする程の
成績が残すことができず申し訳ない気持ちで居ります。


ただこうして言葉では示しきれない
お詫びの気持ちとともに、
普段ご支援・ご声援くださっている
ファン及びスポンサー他、地域の皆様には
感謝の念で一杯です。



本年度の1年間、
ご声援いただ誠にありがとうございました。


そして2018年から2019年へ。
チームとしてXリーグを戦い抜くために
重要な時期を迎えています。


普段ご声援いただいている皆様へ
実績として感謝の気持ちを伝えるためにも
より一層「結果」にこだわった
1年間にします事をお誓いし、
今シーズンの結びの一文とさせていただきます。


2018シーズンご声援有り難う御座いました。




(以上)




| From Manager | 09:00 PM | comments (0) | trackback (x)

  この記事をTwitterでつぶやく

   
20181027 Bulls戦・試合結果
10月27日(土)


富士通スタジアム川崎にて行われました
2018レギュラーシーズン 第6節・Bulls戦は
7 - 10 で敗戦となりました。




(リンク)2018/10/27
名古屋サイクロンズ  vs  ブルズフットボールクラブ
Xリーグ公式サイト・試合結果



   名古屋CYC vs BULLS FOOTBALL CLUB

    1Q  0 ー 3
    2Q  0 ー 0
    3Q  7 ー 0
    4Q  0 ー 7

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Total   7 ー 10



ーーーーーーーー


以下、選手・コーチのコメントです。



続きを読む ≫
ーーーーーーーー

《曽和オフェンスコーチより》

本日も遠路はるばるご観戦ありがとうございました。

最終戦である今節はオフェンスディフェンスキッキングの
集大成を見せるべく挑みました。

残念ながら惜敗してしまい、笑ってシーズンを
終えることはできませんでした。

シーズンを通してのオフェンスの課題であった、
得点力、自滅の回避は改善できませんでした。

しかし、様々なオフェンスメンバーの取り組みにより、
プレーの幅や考え方がシーズンを通して
良い方向に変化していったと今実感しております。

今年のメンバーでできる最後の公式戦でしたが、
また来シーズン、新たな仲間を加えて、
さらにパワーアップしたサイクロンズを
お見せできるように、
オフシーズンを過ごせることができたらなと思います。

競合チーム相手に勝利するには、
あと一皮、二皮剥けなければなりません。
そこに達するには、勝負の世界、厳しさ、
プレッシャー なるものを練習で感じながら、
又 与えながら鍛錬していかなければならないと思っています。


まだまだ発展途中のチーム。

試行錯誤を繰り返し、チームは強くなっていきます。

そこには日頃サイクロンズを
応援してくださっている皆様なくしては成り立ちません。

この場をお借りして感謝申し上げます。
応援ありがとうございました。

また来シーズンも応援のほど、宜しくお願い致します。





《ディフェンスリーダー・三分一良輔選手より》

いつも応援ありがとう御座います。
先日の試合をもって今シーズン終了となりました。

今年一年、ディフェンスリーダーに任命頂きましたが
今年は若いメンバーに知恵をもらって
ディフェンス作りを進め、新たなDFスタイルが
確立する事ができました。

残念ながら目標であった
プレーオフ出場はなりませんでしたが
選手全員で全力で戦った結果です。
悔いはありません。

最後に2018シーズンも沢山の応援
ありがとう御座いました。
来シーズンも引き続きよろしくお願い致します。





《選手より》QB伊藤選手

今年一年間、熱いご声援ありがとうございました。
今シーズンは2勝4敗という結果に終わり、
チームが目指していた所に届きませんでした。

オフェンスに関していうと、シーズン通じて、
なかなか思うような展開ができず、
アメフトの難しさを痛感いたしました。

しかしチーム全体でみると、
有望な新人選手も入り、随所に活躍がみられた
シーズンだったと思います。

本日をもって、今シーズンの戦いは終わりますが、
今後のサイクロンズのために何ができるか、
見つめ考え直していきたいと思います。

最後になりましたが、
いつもチームを支えて頂いている
スポンサー様、サイポーターの皆さま、
チーム関係者の皆さま、
そしてサイクロンズを応援して下さる全ての皆さま。

改めてお礼申し上げます。
本当に応援ありがとうございました。





《選手より》DB田口選手

本日は遠方まで応援にお越し頂き有難う御座いました。
DB#2の田口です。

今季のこれまでの戦績により、私達の目標である
ワイルドカードプレーオフ出場と勝利を
達成する事は出来ませんでしたが、
本日、BULLSフットボールクラブに必ず勝利し、
一年間の感謝をお伝えしようと試合に臨みました。

結果は7-10で敗戦となり、
通算2勝4敗の16位でシーズンが終了致しました。
ご期待に沿える成績とならず大変申し訳なく思っております。

例年よりも選手層も厚く
フットボールのレベルは向上したように感じた一方で、

勝負所での弱さが露呈したシチュエーションが多く、
僅差での敗戦が多かった結果にも表れております。

また、私はサイクロンズに所属して6年目になりますが、
「ここで決めなければ/止めなければならない」
そんな状況での粘り強さが近年、
少し薄れてきているとも感じております。

サイクロンズの原点に立ち返り
「なんとしても勝つ」というがむしゃらな気持ちを
チーム全員が強く持ち
来シーズンこそ、ご支援、ご声援頂いている皆様に
満足して頂けるよう、
そして応援するに値するチームになるよう
一層努力して参りたいと思います。

一年間ご声援ありがとうございました。
今後とも引き続き宜しくお願い致します。


(以上)




≪ 続きを隠す
| From Manager | 06:00 PM | comments (0) | trackback (x)

  この記事をTwitterでつぶやく


PAGE TOP ↑