about

recruit

schedule

result

member

photo

blog

cheer

cyporter

ssponsor
■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2018年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■OTHER■
■ADMIN ONLY■
 

   
土曜練・大同大学にて/新人選手のご紹介
4月14日(土)

大同大学にて全体トレーニング 及び グラウンド練習を行いました。





普段は各自でのトレーニングが主となっていますが、
今週は3週間ぶりの全体トレーニングとなった為か
多くの選手が集まり、活気のある練習となりました。


早速グループに分かれ、トレーニング開始です。



≫グラッツ



壁にピタッと張り付くのは
QB伊藤選手、WR永井キャプテン。

壁を利用して背筋を伸ばす!
という試みのようです。

効果は如何に??
気になる方は是非お試しください!




他、それぞれアップを終え、トレーニングに移ります。







今週末のブログ更新では練習レポートと併せまして
新人選手を改めてご紹介していきたいと思います!
本日は3月、4月に加入した3名!



▽ LB添島直希選手(京都大学卒)


先々週より正式加入となりました!
プレーのアグレッシブさとは裏腹に、練習の合間には
自然と人が集まる人当たりの良さが伺えます。

初日から選手たちに自ら声を掛け、
元キャプテンたる視野の広さが見られます。



▽ OL/DL 山崎浩平選手(北里大学卒)


現在OLとDLの両方からお誘いがかかり、
絶賛!引っ張りだこ状態!で御座います……
試合でどちらにも対応できるよう準備中です!

周囲に対して目配り気配り上手で 物腰柔らかな選手です。
この落ち着きはどこから来るのでしょうか…



▽ DL加納壮貴選手(宇都宮大学卒)


トレーニングや練習に対して真摯に取り組んでいます。
一見、寡黙で大人しいように見られがちですが、
他の選手の技術を吸収しようとする姿勢が見受けられ、
また話せば話す程 にこやかな笑顔に溢れます。

ーーーーーーーー

以上、3月以降に加入した3名の選手でした!

トレーニング中の撮影だった為、
肝心な本人のお顔があまり写っておりません……

今後のブログでも沢山取り上げていきますので
そちらをご覧いたきたく思います!


今後サイクロンズの荒波に揉まれ、新しい素質が発見・開拓されるのではないかと思います。
そちらは追々、、楽しみにしています!




さて、トレーニングの様子に戻ります!




チームLB & OL島選手!

プレートを腰に巻いた状態で
懸垂を行うLB佐野選手です。

自重+プレート…… 攻めてます……
すかさずフォローに入るLB丹後選手。




そして、こちらは スタッフの森川氏。



引退から1年余りが過ぎても尚、欠かすことなくトレーニング。

現役選手のトレーニングの目標となると同時に、スタッフとして様々な面に於いてチームに欠かせない存在となっています。






鬼門、ターキッシュゲットアップ。

終盤に持ってくる辺り、非常に粋なメニュー構成です。。
ここを乗り越えたら絶対に強くなれる……!




先程ご紹介したLB加納選手は
黙々とプッシュアップジャンプに取り組みます。




そして今回も、、



フレームイン!!!




当ブログでもお馴染みのLB花上選手!
いつも自ら写りにきてくださいます!

注)
花上選手は 至って真面目に練習に取り組んでいます!

練習の合間にカメラの前を横切る回数が
人より若干多いだけです。悪しからず……




続くサーキットメニューでは、トレーニング場のあちらこちらでグループが組まれ、
各選手が真剣に取り組む姿がありました。







表情から必死さが伝わりますね。






トレーニングメニューを終え、
グラウンド練習へ。



今日は雨前で雲も厚く 少し肌寒いくらいでした…

ということで!急遽!
ウォーミングアップで、ラグビー!!





これがまた異様に盛り上がるんですね…
汗がとまらない…



身体も暖まったところでパート練習。












締めの全体ハドルを行い、オールアウトとなりました。



こうして我々がグラウンドやトレーニング施設を
お借りして練習させていただけているのも、
様々な大学 並びに サイクロンズのチーム関係者の
方々のご協力あってこその活動だと思います。


周りあってこそのチームであり 自分たちだけの力でないことを再認識し、この環境を当たり前と思わず一日一日の練習を大切に過ごしていきます。





| From Manager | 11:30 PM | comments (0) | trackback (0)

  この記事をTwitterでつぶやく


PAGE TOP ↑