about

recruit

schedule

result

member

photo

blog

cheer

cyporter

ssponsor
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■OTHER■
■ADMIN ONLY■
 

   
20181006 サイドワインダーズ戦・試合結果
10月6日(土)




本日 王子スタジアムにて行われました
2018レギュラーシーズン 第5節・SW戦は
16 - 6 で勝利となりました。


(リンク)2018/10/06
名古屋サイクロンズ vs サイドワインダーズ
Xリーグ公式サイト・試合結果



   名古屋CYC vs SideWinders

    1Q  0 ー 0
    2Q  3 ー 6
    3Q  3 ー 0
    4Q 10 ー 0

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Total  16 ー 6












目標とする〝ワイルドカードプレイオフでの勝利〟に向けて
1試合も落とせない状況で臨んだ本日の試合。

第2節、第3節、第4節 と、
少しずつ目標から遠ざかってしまいましたが
また自分達の手で可能性を引き寄せることができました。

意味の深いこの “1勝” を次のステージに繋げるため
レギュラーシーズン最終節となるbulls戦も
必ずや勝利できるよう、邁進して参ります。

本日はご声援をいただきまして有り難うございました。


ーーーーーーーー


以下、選手・コーチのコメントです。




続きを読む ≫
ーーーーーーーー

《波多野オフェンスコーチより》

本日は試合会場での応援、また速報等で
試合を見守って頂き ありがとうございます。

一度負けたサイドワインダーズに対して
16-6 と勝てた事を 素直に嬉しく感じており、
次に繋がる1勝であることに間違いありません。

本日のオフェンスに関して
・コンスタントなゲイン
・ターンオーバー0
この2点は、前節までに比べて改善しました。

しかし、オフェンス全体の流れとして
・反則の多発
・得点を取りきれない という悔しい部分もあります。


まだまだ多くの反省がありますが、
今回の勝利は『 絶対勝つ!』という想いを
プレーに込め続けることで勝ち取れた
貴重な1勝であると信じています。

勝ち負けにこだわる等、選手のメンタル面は
練習・試合を重ねるごと確実に成長しています。


レギュラーシーズンも残り1戦となりました。

『 自分自身・目の前の相手・試合に勝つ!』
という、気持ちを前面に出したプレーをオフェンスで
見せれるよう残りの期間で準備してまいります。

次節も熱い声援をよろしくお願い致します。





《ディフェンスリーダー・三分一選手より》

いつも応援頂きありがとうございます。

今日はハドルの中で「ディフェンスで勝つ」
と意気込んで相手に挑んでいきました。
ディフェンスだけでなく試合全体として
選手一人一人が自分の責任を果たした結果が
勝利につながったと思います。

次節のブルズ戦は関東遠征となります。
関東のアメフトファンの皆様に
東海地区のアメフトを披露する機会です。

少しでもサイクロンズの魅力が
伝わるように、と願っています。

本日は応援ありがとう御座いました。





《選手より》RB藤井選手

本日はご声援ありがとうございました。

前回敗戦したサイドワインダーズとの再戦。
ただ『勝ちたい』という一心で臨み、
何とか勝利することができました。

今回の勝利は、チーム全員の勝利への執着と
オフェンス・ディフェンス・キッキングの
総合力を発揮出来たことが結果に繋がったと思います。

ただ、チームとして勝てたことは良かったものの、
多くの反省が出た試合でした。

次節はレギュラーシーズン最終節となります。
これまでの課題を確実にクリアし、
チーム全員、全力で立ち向かいたいと思います。

引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします。





《選手より》DB若森選手

いつも名古屋サイクロンズを応援していただき
ありがとうございます。

本日のサイドワインダーズ戦ですが、
ディフェンスとして前節までの課題を少しずつ克服し
チームの勝利に貢献できました。

特に、これまでディフェンスとして
あまり奪えていなかった “ turnover ” が起こせたことが
大きな成果であると感じました。

しかし課題も多く見られました。
「プレーをやりきる」「フィニッシュする」
という部分が甘いと感じました。

〝パスカットやタックル、パシュートなど
 審判の笛が鳴り終わるまでやりきる〟
当たり前のことですが、
それを体現することは簡単ではありません。

チーム全体で意識レベルを上げ、
練習から “ change ” していきたいです。


次戦が最終戦となります。
オフェンス、ディフェンス、キックの 全てにおいて
今シーズンの集大成が出せるように準備していきます。

また一段階 “ change ” したサイクロンズを見せます!
ご声援よろしくお願いします!!





(以上)



≪ 続きを隠す
| サイクロンズ ゲーム結果 | 07:00 PM | comments (0) | trackback (0)

  この記事をTwitterでつぶやく


PAGE TOP ↑